teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


大人紙おむつが子供用を追い越しました

 投稿者:政治改革断行の人  投稿日:2013年12月15日(日)17時23分44秒
  高齢社会が到来し、大人用紙おむつのマーケットが伸びている。
業界最大手である、ユニ・チャームの大人用おむつの売上高は、前2013年3月期に600億円を突破。
初めて子供用おむつと逆転した。
ユニチャームによれば、国内市場全体をみても、10年に子供用1530億円:大人用1440億円だった
おむつ市場が12年には子供用1390億円:大人用1590億円と、ついに子供用を追い抜いてしまったのだ。
 大人用おむつ市場のシェア過半数を握っているのが、ユニ・チャームだ。
同社の製品が飛躍したきっかけが、1988年に開発した「尿取りパッド」だった。
おむつそのものでなく、パッドを交換する2ピース方式を取り入れたことがユーザーに支持された。
大人のおむつ交換は、1日平均6.6回で、健常人のトイレの回数とほぼ同じ。
高齢者の介護で苦労したことは、「排せつ」(62.5%)がトップ、続いて、「入浴」(58.3%)、「食事」(49.1%)の順だった。
重度者は、第三者からの介助を必要とする。
自立排せつができないという意味では赤ちゃんと同じだが、この人数はゼロ歳児の100万人超よりもずっと多い。
 特別養護老人ホームや民間の有料老人ホームなど、施設における介護ならまだいい。
現実には家族が在宅で介護する方がはるかに多く、そこでは想像を超える重労働が待っているのも忘れてはならない。
 2010年度の厚生労働省の調査によると、「介護でストレスがある」と回答したのは、
女性で63.7%、男性で54.2%だった。
厚労省の調査によると、10年度に起こった高齢者虐待のうち、施設従事者によるものが506件、
一方、親族などの介護者によるものは2万5315件だった。
介護うつうつや老老介護”など、いまや介護は日本が抱える社会問題です。
大人用オムツの需要拡大は、1億総介護社会の、ほんの一端に過ぎない。
高齢者は配偶者や子供、孫に、迷惑を掛けないように日ごろの健康維持が大切です、毎日の生活を
規則正しくし食事、運度や趣味など身体や脳がボケないようにしなければなりません。
           
 
 

みんなの党は分解

 投稿者:庶民泣かせ  投稿日:2013年12月14日(土)17時33分28秒
  野党のどの党も一丸となって自民党に対抗する出来る党は居ないようです。

民主党もまとまりはなく、期待された維新の会も橋下大阪市長の発言から、

信頼度が低下以前のような勢いはなくなりました。

次に期待されていたみんなの党の渡辺代表も少しワンマンが行き過ぎ、

党員の意見を吸収できなかったようで大量の離党者を出し分裂です。

なかなか全員をまとめるのは難しそうです。

江田憲司衆院議員ら14人が集団離党したみんなの党の渡辺代表が、

党の立て直しに必死になっている。
代表選の規定を見直し、地方議員や一般党員にも投票権を拡大するほか、

14日からは地方行脚を始め、分裂のおわびをして回る予定です。
渡辺氏は13日、進退の判断を渡辺氏に委ねていた浅尾幹事長、

山内康一幹事長代理に続投を要請し、両氏は慰留を受け入れた。

両氏は渡辺氏の側近で、2人を抜きに党勢回復はできないとの判断だ。
代表選の見直しでは、地方議員と党員の票を「地方票」と位置づけ、

国会議員票とのポイント配分を「1対1」の対等にする。

ネット投票の導入など改革も図る方針で、年明けの党大会で正式に決める。

江田氏らに「渡辺個人商店」と批判されたことがあるだけに、

「民主的な党運営」をアピールする狙いがありそうです。

自民党のワンマン政治をとめるのは国民の投票だけです、若い人が選挙で

どの党を支持するのか、しっかりした考えを示さない限り、無駄な公共事業や

若者の社員派遣制度も無くなりません。
 

アベ政権は法人優遇個人泣かせ

 投稿者:お灸をすえる人  投稿日:2013年12月13日(金)22時01分46秒
  安倍政権は個人の家計よりも企業の活動を優遇する経済政策を打ち出したようです。

1千万円以上会社員が払う所得税や毎年支払う軽自動車税の増税など負担増を相次いで決めた。

一方では企業が払う法人税は減税するだけではなく、企業が派遣労働者をより使いやすくする法改正を進める。

企業を後押しする財源を確保しようとした結果、個人に負担増のしわ寄せられた。

設備投資減税などを含めると差し引き1兆5千億円の減税、

復興特別法人税を1年前倒しで打ち切り、これで8千億円の法人税減税になるのが大きい。

個人には厳し、家計から6兆円(国民一人当たり年5万円)を吸い上げる消費増税は決まっており、

税率を10%に上げる2015年10月の段階で導入検討の軽減税率は、

10%時に導入すると書いたが導入するかの判断は先送りした。

安倍政権は賃金を上げる様に経営者にお願いしていますが、民間にめている人の昨年度の

平均給与は408万円とピークの97年度からは1割あまり少ない。

その間、戦後最長の景気拡大期もあったのに減り続けた。

何よりも税金が有効に使われたとは言えない不信感がある、国民が25年間負担する

震災復興対策費は被災地の復興とは程遠い施策に流用されていた。

消費増税に今年度の補正予算は国費だけでも5,5兆円で何でもありで、

目的を拡大解釈して予算をばらまく官僚の組織構造は一向に改まっていません。
 

国民年金納めない方

 投稿者:田舎の爺  投稿日:2013年12月13日(金)06時26分28秒
  平成24年度の国民年金保険料の納付率(現年度分)が、平成24年度末時点で59.0%とのこと。前年度と比較すると0.3ポイント増なのですが、まだまだ納付率は低いままです。また、最新のデータでは、平成25年7月末現在の納付率(平成25年4~6月分)は55.3%。こちらも前年同期比0.7%増ですが、まだまだ納付率は低いままです。

雇用情勢の悪化と年金不信でこのような結果になったのでしょうが、実際に年金保険料を納めていない未納や滞納状態の人は注意してください。そのままでは大損ですよ。


老齢基礎年金は加入25年ないと支給ゼロ
年金制度で一番に思い浮かべるのが、国民年金に加入しているともらえる老齢基礎年金。老後の生活の基盤となるもので、現在の制度では65歳以上で年金を受給することができます。

年金額は、20歳から60歳までの40年間全ての期間の保険料を納めた場合、年間77万8500円(平成25年10月分から平成26年3月分)。1カ月6万4800円程度ですが、この年金は生涯受け取れるもの。長生きをしても、その間は受け取れるというのは安心ですよね。

しかし、老齢基礎年金は保険料を支払っていない期間があると、その分だけ年金受給額は減ることになります。保険料未納期間の割合で、年金額も減額されるのです。

でもその前に、一番大切なことがあります。それは、老齢年金の受給資格。現制度では、原則として保険料納付期間が25年ないと老齢年金を受給できません。年金保険料を24年間納めていても、老齢年金は1円も支給されないのですよ。この受給資格がとても重要なのです。

ただし、この受給資格期間は10年に短縮されることが決まっています。消費税の引き上げ時期にあわせて平成27年10月から施行される予定です。いずれにしても、この受給期間は大切であることを覚えておきましょう。


保険料を納めず、年金受給なしは損
保険料を納めないので、老齢基礎年金もいらないという人もいるでしょう。年金制度に不信感をもち、年金保険料を払うだけ損という考えのようです。でも、実際そうなのでしょうか?

答えはノー。現時点では、実際の老齢年金の支給額の2分の1は国庫が負担しています。つまり、現時点で支払われている老齢年金の半分は税金だということです。もし、老齢年金を受給できないとなると、この税金分を受給することもできないということです。これは損ですね。


障害時の「イザ」も年金で安心
その他にも、年金保険料が未納だと困ることがあります。それは障害年金です。一定以上の障害状態になった時、障害年金が受給できます。障害等級2級で老齢年金の満額(年間77万8500円、平成25年10月分から平成26年3月分)が受給できます。

この障害年金にも受給資格があります。それは、保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上あること。未納や滞納の期間の割合が多くなると、イザという時に障害年金も受給できなくなるということです。年金は老後のためだけではないのです。

障害年金だけでなく、残された遺族(18歳までの子ども)がいれば受給できる遺族年金もあります。こちらの受給要件も障害年金と同じです。

それなら年金保険料を払おう、と思っても、年金保険料が高くて払えないという人もいるでしょう。そんな時は、免除制度を利用するといいでしょう。次のページで詳しくご紹介します。
 

胃労治療見直し

 投稿者:許せない面々  投稿日:2013年12月12日(木)21時13分53秒
  厚生省は胃ろうについて適切な使い方をする施設の診療報酬を手厚くする方針を決めたようです。

胃ろうを設けるべきか、きちんと検査してリハビリなど口から食べられるように回復させる取り組みを促がす。

事前にのみこ機能がどれほど残っているか内視鏡などの検査で確認するよう勧めている。

厚生省の資料によると全例を検査している施設は26%にとどまり、検査せずに胃ろうにした患者は23%居た。

来年度の改定で検査なしの場合は診療報酬を低く方針です。

リハビリなどで多くの患者が胃ろうを閉鎖できた施設には、報酬を加算するなどを検討。

国内の胃ろうを設ける人は年間10万人弱、人口当たりで英国の10倍以上、70歳以上が占める割合は

英国の、2倍の8割と高い。

漫然とつけられ、望まない延命につながるケースも有ると指摘されています。



特に80歳以上の高齢者の胃ろうは延命だけで回復の期待はなく、家で看護するにも2時間おきに食事を


チューブに補給するなど大変です。


元気なうちに胃ろうはしないと家族に告げておくことです、お金も掛かるし介護も大変、回復する事もなく、


病院や医者が儲かるだけで家族は大変です。

            
 

自動車税値上げ

 投稿者:庶民泣かせ  投稿日:2013年12月12日(木)21時09分52秒
  自動車税が来年3月から上がるため、買い替えは3月末までに納車できることが条件です。

契約していても納車が4月以降になると税金は上がります。

自民、公明両党は11日、軽自動車を持つ人が毎年自治体に納める「軽自動車税」について、

2015年4月以降に買う新車(自家用四輪)を対象に、現行の1・5倍となる

1万800円に増税することで合意した、今の保有車は年7200円で据え置く。
同じ軽自動車税がかかっている原付きバイク(50cc以下)は、今の1千円から2千円に、

250ccを超える小型二輪車は4千円から6千円に上がる。

農家などが使う営業用軽トラックは3千円から3800円になる。
2016年度からは、新車登録から13年以上を過ぎた車に20%高い税金がかかる仕組みも取り入れる。

自家用四輪なら1万2900円になる。

古い車から燃費の良いエコカーへの買い替えを促すねらいだ。
軽自動車税は、普通車の最も低い自動車税額(千cc以下で2万9500円)の4分の1以下と安く、

通車との格差是正が長年の懸案になっていた。自民党は庶民が安いから買いる軽自動車の税金を上げ普通車を

税金は上げ幅を縮小し、普通車のメーカーを優遇する政策です。

車の税金は諸外国に比べ相当高い税金を掛けていますが、まだまだあげるようです。

税金を上げることより無駄をなくすることです
 

日本の農業はほろびるか?

 投稿者:世直し爺さん  投稿日:2013年12月11日(水)16時34分36秒
  日本のTPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加にあたって最大の焦点といわれているのが農業分野です。

 まず、仮に日本がTPPに参加して関税が撤廃されると、海外の安い農林水産品が大量に国内市場に流入し、日本の農業が大打撃を受けるという見方があります。

 影響が大きいとみられるのは、関税率が高いコメ(778%)、バター(360%)、砂糖(328%)、小麦(252%)などです。

 例えばコメの場合、関税が撤廃されると、主にアメリカやオーストラリアで生産される比較的品質の良いコメが、いま日本で流通している同水準の品質のコメと置き換わります。政府試算によると、その量は国内で流通しているコメ全体の3割程度、金額にして約6500億円です。

 外国産より品質の良い国産のコメは7割くらい市場に残りますが、安い輸入米の影響で値下げしなければなりません。値下げ金額の合計は約3700億円と見られ、輸入米と置き換わる分と合わせると、コメの生産額は計1兆円あまり減る計算になります。コメを含む主な農林水産品の合計生産額(約7.1兆円)は3兆円ほど減るそうです。

 ただし日本政府は農業を保護するため、コメ、麦、牛・豚肉などを関税撤廃の例外扱いにするよう交渉で求めていく方針です。

 一方で影響の小さい農産品もあります。例えばトウモロコシや大豆は無税、果物の関税率は5~15%程度ですが、リンゴなどはほとんどが国産品です。また、レタスやホウレンソウなどの葉物野菜は長時間の輸送で鮮度が落ちてしまうので、国産品のほうが有利になります。

 TPP参加でもう1つ懸念されているのが食料自給率で、政府試算ではカロリーベースで39%から27%程度に低下します。食料の大半を輸入に頼るようになると、海外で食料価格が高騰したり、品薄になったりしたとき、調達が難しくなり、食料不足になると心配する人もいます。

 しかし、日本では減反でコメの生産調整が行われているので、コメの値段が下がって消費が増えれば、生産が増えて実際は食料自給率が上がるという見方もあります。また、日本の農産物の品質の良さは国際的にも定評があります。TPP参加を機に、農地の集約や大規模化を進め、農業の競争力強化を進めれば、農産物を海外に輸出していくチャンスだという意見もあります。
 

TPP交渉譲れない農業品

 投稿者:世直し爺さん  投稿日:2013年12月11日(水)16時31分47秒
  シンガポールで開かれていたTPP(環太平洋経済連携協定 )交渉の閣僚会合は10日、「年内合意」を断念した形で閉幕しました。来年1月に再び閣僚会合を開くとのことですが、最大の焦点は輸入品にかける関税の撤廃。中でも注目されているのが「重要5項目」の行方です。日本政府は(1)コメ(2)麦(3)牛肉・豚肉(4)乳製品(5)甘味資源作物(砂糖など)を「重要5項目」とし、関税撤廃の例外にする方針です。この「重要5項目」は、これまでの貿易自由化をめぐる日本の国際交渉でも常に特別扱いを受け、「聖域」として守られてきました。

 どうしてこれらの農産物を守らないといけないのでしょうか。
.

「5項目」を守る理由

 そこにはまず、国内の食料自給率の問題があるといわれます。農水省が2013年8月に発表した12年度の食料自給率はカロリーベースで39%。この自給率39%は先進国のなかでもかなり低い数字で、それだけ日本が食料の多くを輸入に頼っているという見方もできます。こうしたなかで海外から安い農産物が増えると、国内の食料自給率はさらに低下するかもしれません。農水省は日本がTPPに参加した場合、自給率は39%から27%に低下すると試算しています。ただし、カロリーベースでの自給率には異論もあり、諸外国と同じように生産額ベースで算出すると日本の自給率は69%。けっして低くないという意見もあります。

 もうひとつは、農家の暮らしを守るためです。日本はコメなどを「国の根幹をなす農産物」として位置づけ、これらの農業を手厚く保護してきました。そのひとつが70年から始まった「減反政策」です。農家の暮らしを守るため、政府が毎年、コメの価格が下がらないように生産量を調整してきたのです。こうした保護政策が農家の競争力を妨げているとの声もありますが、コメの価格が下がれば農業をやめる人が増えてしまうため、農業団体は減反廃止に反対。こうした団体の支援を受ける国会議員も「重要5項目」を関税撤廃の例外にすべきと強く主張しているのです。

 

政治家は高額の税を払うべし

 投稿者:改革者  投稿日:2013年12月11日(水)16時10分20秒
   安倍政権は消費税増税や課税を上げるため高額所得者の控除額を下げるようです。

そのため、1000万円以上の高所得者は税金が増えるようです。

当然高所得者は多く税金を払うのは当然です。

田舎での交通手段である、軽自動車税も2015年度の販売分から7200円が

1万4000円くらいまで上げるようです。

 賃貸マンションに比べて家賃が割安で公務員優遇との批判の多い国家公務員宿舎の


家賃を2016年度までに約く2倍弱まで値上げするそうです。


幹部の宿舎は6万6千円(民間では30万円以上)を10万から13万円に値上げする方向。

国民に税負担を求めるのであればまず議員や公務員の優遇措置を見直すことから

はじめなければなりません。

特に国会議員には多額の税金の対象にならない歳費が沢山あります、

国民には健康保険や税金などの控除しかありませんが、税金の掛らない歳費などをなくすべきです。

サラリーマンにはボーナスにも税金が掛かります。

国会議員には無料パスや文書交通費など税金掛からない優遇措置が多過ぎます。

公務員の2割削減や給与の見直しも、そのままで民間との年収格差は相当大きいようです。

公共事業も防災を掛け声に拡大し、国の借金1000兆円を減らす対策は出てきません。

借金は孫達に回すつもりのようですが、政治家になる人は、生活費以外は給与を返上するくらいの

覚悟のある人がなるべきです。

国のためにやる気のある人が政治家になるべきで、金儲けの政治家は要りません。

                           
 

宮島のおお鳥居の割れ目に賽銭

 投稿者:極楽トンボ  投稿日:2013年12月10日(火)17時02分7秒
   広島・宮島の厳島神社の大鳥居に、観光客が次々と硬貨を差し込み、神社が頭を悩ませている。

大鳥居の老朽化が進む恐れがあるため神社は定期的に取り除いているが、

再び次々と差し込まれるいたちごっこが続いている。
厳島神社は推古天皇即位元年(593年)の創建と伝えられる,

現在の大鳥居は8代目で、1875年に建立、高さ16メートルで、

樹齢500~600年のクスノキを使った主柱2本と、添え柱4本で支えている。

硬貨は柱に自然にできた亀裂や隙間に差し込まれ、大半が1円玉や10円玉、

,中には外国の硬貨もある。
神社によると、観光客が独自に始めた習慣で、以前から大鳥居の下の海面に

観光客がさい銭代わりに投げ込む習慣はあった。

宮島の観光客は、神社ゆかりの平清盛がNHK大河ドラマで放映された影響などで、

昨年初めて400万人を突破。神社や宮島観光協会によると、

観光客が増え、さらに差し込まれる硬貨が目立つようになったという。
観光に来て、柱に5円玉を差し込もうとした兵庫県の会社員女性(37)は何となく,

この柱を見てそういう風習なのかなってと語り、差し込むのをやめた。

厳島神社の担当者は「定期的に取り除いているが、なくならない。

柱の負担が大きいのでやめて頂きたい。

お宮の鳥居などに石を投げ上げる、噴水の池にお賽銭をなけるなどよく見る風景です。


これからは、お金を差込鳥居にして、さい銭を集めることです。
 

レンタル掲示板
/211