teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ほめ方について(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


開始直後に報酬発生!

 投稿者:ワンクリックで500円メール  投稿日:2010年 8月28日(土)15時59分3秒
返信・引用
  500円×クリック回数=
開始したその日のクリックで500円の報酬が加算されます。
2回目以降はメールのお知らせがありますので、メールを確認してクリック!
メールが届くたびに、500円→1,000円→1,500円→2,000円・・・と増える。
毎回メールが届くのが楽しくなりますよ。

【PR】開始直後に報酬発生!

http://010cash.biz/click/top.cgi?sid=na401645&gid=500

 
 

(無題)

 投稿者:管理者  投稿日:2008年10月 9日(木)23時47分30秒
返信・引用
  この間の続きです。
親が「自分が○○だったから、子供には言えない。」
という声を、学校や色々なところでよく聞こえてきます。

果たしてそうでしょうか?

では、皆さんの両親は完璧だったでしょうか?
あるいは、祖父母は完璧な人でしたか?

完璧な人はいないですよね。
親は、自分が昔どんなに悪いことしてた経験があっても、
むしろその経験を活かして、子供にはきちんとした事を教えるのが筋かと考えます。
親となれば、自分を棚の上にあげていいのです。

なぜならば、悪いことを悪いと教えるのが親の責任だからです。

最近は、マナーや秩序が乱れています。とよくTVなどでも聞こえてくるニュースです。
それは、若者に限らないのです。

良い大人も、非常に見苦しい方が多い時代になったのではないでしょうか。

実は私もそんな一人かもしれません。
ですが、自分の心の中で悪い事とを識別し、自制するの努力はしているつもりです。

皆さんもきっとそうに違いない。
それぞれの感覚で違いが出るのは当然です。

これを考えれば分かると思いますが、どんな権力のある指導者であろうと
間違えるのです。
しかし、指導者は棚の上にあげてでも、正論を述べなくてはならないのです。
だからこそ、責任が重いのです。
 

本当に難しい子育て

 投稿者:管理者  投稿日:2008年10月 4日(土)00時59分40秒
返信・引用
  うちの子供たちは、小学生ですが高学年と中学年のがいます。
まだ小さいうちは、色々と大人の意見として?親のエゴかもしれませんが、
話す内容も、結構分からないなりにも、子供たちには伝わっていました。

というよりは、言う事を聞いてました。

親って勝手ですよね。言うことを聞かない子供は「ダメな子供」と勝手にに
作り上げてしまうのですから。
みなさんは、そういうのありませんか?

子供も一人の人格を持つ人間なんですよね。

段々と反抗期になり、言う事を聞かなくなるのが当たり前なんですよ。
頭ごなしに、聞かせようとすると無理が生じて人格を損なう恐れもあるんですよね。
自立するための成長を遂げるのが反抗期なんですから。

もし、うまく親の言うことをきかせられたら。としても、きっと中学生くらいになると
知恵が働き、行動範囲も広くなり、益々親の目は見張れなくなります。
家で「いい子」を装っても、外でそのストレスで社会的に悪いことをしてしまうであろうと言う事は、およそ予想がつきます。
現代の社会問題にもあげられるような、青少年犯罪がそれを示しているからです。

では、どのようにして親は子供に接すればよいのでしょうか?

難しいと思いませんか?
やはり昔の人の言葉で、「親は子供と一緒に育つ」という理論は正しいのかもしれませんね。
私は、自分が親である事を、子供をみて学びましたし、自覚をもてるようになりました。
それも、やはり同じ事なのかもしれません。

親は威張っているだけではダメなんですよね。
かといって、「自分がこうだったから子供に言えない」というのもおかしいと思います。
次回は、そのことについて書きたいと思います。
 

アメとムチ

 投稿者:管理者  投稿日:2008年 9月28日(日)23時08分32秒
返信・引用
  私の考えは、ただ怒るだけの人は、きっと大人の概念で物事を見てる人ではないか?と思う。
また、指導者(先生・スポーツ関係)での立場の人においては、非常に難しい問題ではあるが、人として平等に見れるのか?自分のエゴで物事を見ないようにできるか?
これはかなり至難の業だと思う。
しかしながら、上に立つ人は、それでも努力して理想を求めるべきなのかもしれない。

ただ叱るだけの人には、好き嫌いで判断する人もいれば、自分のストレスのはけ口にしてる事が多いと、ある本で読んだ事がある。

人は叱るべき場所も絶対的に必要ではあるが、その人を伸ばすための薬は、最も効果的なのは「褒められる事」にあると思う。
大人でも、ダメだしばかりされると、モチベーションが下がりネガティブになりがちだ。
人によって、多少差があるものの、やはりマイナス要因には違いない。

しかし、さて人は褒められてばかりだとどうなるのだろう?
きっと、調子に乗りすぎて、見境のない状態で突き進むに違いない。
周りが見えなくなる状態に陥り、自信過剰になるであろう。
そこで叱るべき事が必要になってくるのだと考える。

大人でも難しいのです。子供には、かなり難しいでしょう。
さて、ここで考えられるのは、度合です。

皆さんの意見で、思い出や経験を通じ、いつごろ?だれに?それはプラスになったか?それともマイナスか?などなど、具体的な経験を聞かせてほしいと思います。
 

レンタル掲示板
/1